シニアのためのシェアリングエコノミー

http://dotinc.jp/ 楽天を退職、起業してairbnbをやっている管理人が、airbnbの理念「客として来て、友達として帰る」が好きなので、勝手に広めているブログです。

イベント民泊で「民泊というもの」を理解しないでほしい

弾丸で徳島阿波踊りに行ってきました。

徳島市の人口5倍以上の140万人が集まるけどインバウンド的な母数が少ないとホリエモンも言っていたのですが、確かに少なく、、

 

f:id:ilovemeziro:20170813005701j:plain

 

現在のインバウンドの年間総数(短期移民)の2400万というのは、日本の1.2億人の人口に対して、総国民数の20%は占めているわけでして、阿波踊りに140万人の観光客が集まるなら20%の28万人は訪日客が占めてもいいわけですが、見た感じ99%ほぼ日本人だらけ。

 

その原因の一つとして、徳島県内に宿が1.4万人分しか部屋がないそうで、140万人が訪れても100人に1人しか宿がないから泊まれない。(※阿波踊りは4日間の開催)

 

そんな理由もあって、阿波踊り、国内でもリピート率が悪いみたいです。

踊って騒いで疲れてるのに、高松駅まで1時間、たちっぱの電車で帰り寝るんです。 それは来るの嫌になりますよね。(僕は嫌になりました。)


コンテンツじゃなくてシステムのせいでコンテンツ自体の価値が落ちちゃうという悲しい現象が起きてる訳です。
 

f:id:ilovemeziro:20170813005705j:plain

眉山のロープウェイから撮影

 

〜とのような改善の余地=伸びしろが多い阿波踊りですが、来年の住宅宿泊事業法施行もあってか、パソナさんがairbnbへの掲載を代行して動いて320人分の部屋を徳島市内に新たに確保したそうです。

 

田舎の人に納得してもらう大変さを考えると、民泊推進者としては大変ありがたい限りです。

 

ただ、ジャニーズのコンサートの際にもイベント需要として、民泊も賑わうんですけど、「イベント民泊」で民泊するゲスト層って、「コンテンツ目当てに訪れた場所でホテルないから民泊に泊まる」という理由が多く、マナー的にちょっとアレになりがちな層なんで、、、、

イベント民泊でホストデビューした田舎の人は、「これが民泊か」....と民泊嫌いになってしまうリスクが高い気がします。。

 

ですので、イベント民泊で民泊のイメージが悪くならないように、民泊の定義を分類して、それぞれちゃんと認識していってもらわないとだと感じました。。。

 

f:id:ilovemeziro:20170813005709j:plain

また、イベント民泊における「スポット」という要素において、重要なポイントがあります。

 

今回、徳島で初めて民泊として宿を提供してくれたホストさんのように、新しいことに挑戦するのは大変ですが、「新しいことを続けること」はもっと大変なわけです。

 

その「続ける=業にする」モチベーションになるのがお金なことは通常は多いわけですが、イベント民泊はあくまでスポットであり、業にならないものです。

 

これを「業にする」に昇華していくためには、イベント民泊だけでない、「通常時の民泊」を行うことが必要です。

そして、そのためには、「民泊を続ける」モチベーションが重要です。

さらにそのためには、ゲスト経験を自らも積みたくなるような、民泊をサービスとして好きになってもらうことがもっとも重要であるはずです。

 

「宿を提供したホストが自分がゲストになりたいと思える体験ができたか?」

 

という、ホストがそのサービスのゲストになって流通規模が増えていく、C2Cの雄メルカリ的な成功事例を帯びたプラットホームサービスしか生き残れなくなると、これからのOTA間の競争を予見して感じるからです。

 

f:id:ilovemeziro:20170813005657j:plain

徳島駅は手動改札。駅員さんが並んで人をさばいてた・・・